2018年7月18日水曜日

【訃報】プロレスラーのマサ斎藤さん(本名・斎藤昌典)が死去 75歳

プロレスラー・マサ斎藤さん死去 75歳 パーキンソン病で闘病 猪木と巌流島決戦

2018/7/16(月) 18:20配信



プロレスラーのマサ斎藤さん(本名・斎藤昌典)が14日午前1時5分に死去したと、健介オフィスが16日、発表した。長年パーキンソン病で闘病していた。75歳だった。

妻の斎藤倫子さんの名義で死去の報告がなされている。パーキンソン病のリハビリ中に容体が急変したといい「7月14日1時5分に永眠しました。穏やかながらも、新たなチャレンジへ向かう様なマサ斎藤らしい力強い旅立ちでした」とつづられている。

「夫 マサ斎藤は長期に渡り、パーキンソン病と闘い続けて来ました。17年にもわたる闘病生活は、“Go For Broke(当たって砕けろ!)”をモットーに掲げる彼にしても、想像を絶するほど辛く厳しいものでした」と闘病生活も振り返った。来年に「カムバックのチャンスも出て来ました」という中、状況が悪化したという。

マサ斎藤さんは、東京五輪レスリング97キロ級代表。65年、日本プロでデビューしたが、翌年東京プロレスに移籍。東プロの崩壊後は渡米して腕を磨き、フリーで活躍した。72年に日プロ復帰、74年から新日本に参戦した。

長いキャリアのハイライトは87年、「昭和巌流島の決闘」と呼ばれたアントニオ猪木とのデスマッチだった。無観客で行われた何もかも異例の一戦は2時間5分14秒に及ぶ死闘の末、裸絞めに沈んだ。85年に米国で警官暴行事件に絡んで服役したことを受け、後に「監獄固め」を開発した。

1999年に引退した後もプロレス界と関わりを持ち続けていたが、体調不良も知られるようになっていた。解説者としても実況アナとの掛け合いでプロレスファンを楽しませていた。

通夜、および葬儀は家族・関係者により都内で営まれる予定だとしている。

参照元 : デイリースポーツ


猪木と「巌流島の戦い」マサ斎藤さん死去 来年復帰へリハビリ意欲の矢先…夫人「力強い旅立ち」

2018/7/16(月) 21:56配信



「獄門鬼」「監獄レスラー」などの異名を取ったプロレスラーのマサ斎藤(本名・斎藤昌紀=さいとう・まさのり)さんが14日午前1時5分に死去した。75歳。東京都出身。所属していた健介オフィスが16日に発表した。2000年にパーキンソン病を発症し、闘病中だった。通夜、葬儀・告別式は家族と関係者で執り行う。

明大在学中の1963年、レスリング全日本選手権でフリースタイル、グレコローマンの両ヘビー級で優勝。翌64年の東京五輪に出場した。65年、日本プロレスに入門。87年10月4日、巌流島で行われたアントニオ猪木氏(75)と時間無制限・ノーレフェリー・ノールール・無観客マッチを行い、約2時間の死闘は「巌流島の戦い」と呼ばれた。

90年、47歳の時にAWA世界王座を獲得。99年に現役を引退した。

倫子夫人は「来年、再び、カムバックのチャンスも出てきました。そのためにリハビリに意欲を燃やしていた矢先。容体急変。7月14日1時5分に永眠しました。穏やかながらも、新たなチャレンジへ向かうような、マサ斎藤らしい力強い旅立ちでした。現役時代並びに闘病生活中にお世話になりました皆さまに方に対し、生前に賜りましたご厚意に感謝し謹んでご通知申し上げます」とコメントした。

参照元 : スポニチ







当局が捜査を開始した6人の芸能人 もうすぐ逮捕者続出か!?

もうすぐ芸能界で逮捕者続出!? 当局が捜査を開始した6人の芸能人…超人気イケメン俳優も!?

2018.07.11



日本中が熱狂したサッカーW杯も日本代表がベルギーに惜敗したことでひと区切り。もっかの関心事は西日本の豪雨被害や、タイの“洞窟少年”、はたまた迷宮入り確実と見られていた大口病院の連続死事件のニュースだろうか。そんなさなか、芸能マスコミがにわかに騒がしい。週刊誌デスクの証言。

「日本がベルギーに負けた直後から、芸能人絡みのスキャンダル情報が多数流れています。すでに当局が捜査を開始しているものもある。今年の夏は芸能界が慌ただしくなるかもしれません」

まずはクスリ関係。薬物事犯を扱う警視庁組織犯罪対策5課が狙っているのは、過去に数度の逮捕歴がある元タレントM。仮に逮捕となっても「またか…」という声しか上がらないだろうが、今回は「シャブの使用だけでなく、売人としての容疑も疑われている。1度は更正したと思ったが、意志が弱く、さらに深いところにまでいってしまったようだ」(捜査関係者)。

組対5課としのぎを削る厚労省麻薬取締部、通称「マトリ」が狙っているのは、最近週刊誌でスキャンダルが報じられた元ミュージシャンのTとNだ。前者は女性関係のスキャンダルでいまだ騒然となっているが、マトリはそんなことにも目もくれず、Tの身辺を調べまくっているという。前出社会部記者は「そもそも、女性スキャンダルを突き詰めていくと、クスリ関係の話にブチ当たる。今回、マトリは覚醒剤ではなく、大麻の所持・使用を疑っているようだが、仮にTが逮捕されるようなことになれば芸能マスコミは『女じゃなくて、クスリが本線だったのか!』と驚くことになる」と話す。

後者のNも過去にクスリで逮捕歴があり、かねてマトリに狙われてきた。スポーツ紙記者によると「近しい人物がNを裏切り、薬物使用の詳細をマトリにゲロったという話がある。Nは自身に捜査の手が迫っていることに気付いており、芸能活動を控えて“逃げている”」という。

次は飛ぶ鳥を落とす勢いのイケメン俳優にまつわる黒いウワサ。今年放送された連ドラ出演を機に、一気に大ブレークしたXに“違法賭博疑惑”が浮上しているというのだ。

「数年前から都内の違法カジノ店に出入りしているという情報がある。Xは既婚の子持ちで、いまが売り出し時。当局はカジノ店の顧客名簿にXの名前があることを把握しており、水面下で捜査を進めている」(事情通)

Xが逮捕されれば、女性ファンは阿鼻叫喚だろう。

このほか、Xと同じ事務所に所属する人気俳優のAとMにもそれぞれ“レイプ疑惑”や知人男性への暴行疑惑が囁かれており「業界では『あの事務所は売れているけど、危ない』と評判。これから公開される某映画のキャスティングでは前出X主演で決まりかけていたが、土壇場で別の事務所の俳優にすげ代わった。理由は『警察沙汰になるかもしれないから』だった」(映画関係者)

芸能マスコミにとってはアツイ夏になるかもしれない――。

参照元 : TOCANA


人気芸能人Aの兄で暴力団組織の幹部が7月上旬に刑務所から出所 当局は出所してからすぐに徹底マークを開始

超人気芸能人Aの“暴力団関係の兄”が出所で捜査当局が徹底マーク! 広告・TV業界もざわつく!

2018.07.14



7月になって突然、人気芸能人Aの名前が広告業界やテレビ業界の中で取り沙汰されるようになった。決してA自身が問題を抱えているわけではない。注視されているのはAの親族Bの動向だ。Bは有力な暴力団組織の幹部であり、7月上旬に刑務所から出所したという。長年に渡って服役していたBは出所後、ヤクザとしての活動を活発化させると見られており、すでに 捜査当局がマークしている。仮に逮捕なんてことになれば、Aにも大きな被害が及びかねない。

好感度抜群のAだが、にわかに雲行きが怪しくなってきた。「7月にBが出所したことが分かりました。Bは山口組系組織の幹部で、別組織とのトラブルから逮捕、服役していました。AとBが親族であることは有名な話であり、情報をキャッチした広告代理店業界やテレビ業界はざわついていますよ」(広告代理店関係者談)

もちろんBが出所したからと言って、Aの人生や仕事には関係はない。これまで通り生活し、芸能活動を続けていくだけなのだが、仮にBの身に何か起こるとどうしても親族であることからあれやこれやと言われてしまうのは避けられないだろう。それだけBは“大物”であり、Bの所属組織は捜査当局はもちろん、ヤクザ業界も動向に注目しているからだ。

「Bが所属している組織は武闘派として知られており、山口組分裂騒動の中でも大きな注目を集めている。Bはその幹部であり、さらなる出世も見込まれることから当然、当局は出所してからすぐに徹底マークを開始した。今はヤクザであればどんな微罪でも逮捕される時代なので、今後Bの身もどうなるか分からない。情報収集のため狙い撃ちにされる可能性も十分にある立場だから」(社会部記者談)

万が一、Bが逮捕されたり、事件に巻き込まれたりした場合は、名前と肩書きがニュースで報道されるだろう。「完全なとばっちりとしか言い様がないのですが、Aはまったく関係ないにもかかわらず、親族のスキャンダルもダメージになってしまうのが芸能界です。そうなると何かしらの影響が出てもおかしくないです。特に暴力団関係はイメージが悪いですから」(テレビ局関係者談)

Aとしては風評被害もいいところだが、そうならないことを祈るばかりだ。

参照元 : TOCANA